引越しの初期費用を安くするには? 引越しの費用について解説します。

東京の 仲介手数料が”安い” 顧客満足度が高い 「賃貸」不動産会社 10選 > 引越しの初期費用の内訳と安くするコツ

引越しの初期費用の内訳と安くするコツ

「引越ししたいけれど、お金がない……」という人にとって1円でも安く抑えたいのが引越しの初期費用。言われるがまま支払うしかないと、あきらめていませんか? やり方によっては、もっと安くすることができるのです!
ここでは、「安く引越したい!」という方向けに、引越し初期費用の内訳と安くするためのコツをお伝えします。

引越し初期費用の内訳について

引越しの初期費用に含まれるのが「敷金」「礼金」「仲介手数料」「前家賃」「日割り家賃」「賃貸保証料」「鍵交換費用」。このほかに、「火災保険」の加入を大体勧められます。家具や家電製品を含む人もいますが、一般的には契約金のみを指します。
引越しの初期費用は大体家賃の5~6カ月分といわれ、家賃が6万円でしたら30万~36万円が相場です。
さらに新築やペット可の部屋の場合、もう1,2カ月分ぐらい増えることを覚悟しておいたほうがいいです。
大きな金額になることが多いので、契約前には必ず見積書を作ってもらうようにしましょう。

初期費用の内訳項目の説明

敷金とは 家賃を滞納したときや退去時に原状回復のためのリフォームが必要なときなどに、貸し主が利用するお金です。
大体家賃の1~3カ月程度を請求されます。
礼金とは 貸し主に、部屋を貸してくれたお礼として支払うお金です。
家賃の1~2カ月分ほどを請求されます。
敷金と違い、退去時に返還されることはありません。
仲介手数料とは 賃貸物件を紹介してくれた不動産会社に支払うお金です。
契約時に成功報酬として支払います。
家賃1カ月分が上限のため、それ以上請求されることはありません。
前家賃とは 入居日の翌月の家賃と管理費・共益費を指します。
家賃が一定期間免除になる「フリーレント物件」の場合、免除されます。
フリーレントの期間は1カ月が最も多いです。
日割り家賃とは 入居日から月末までの日数分の「家賃+管理費・共益費」を指します。
月初に入居した場合、支払う必要はありません。
日割りの最少日数が決まっていることもあります。
管理費・共益費とは 建物など共有スペースの修繕・メンテナンス・維持のために使われる費用です。
管理費が徴収されない場合、大家が賃貸料に含んでいる可能性が高いです。
賃貸保証料とは 連帯保証人を保証会社に依頼する人は賃貸保証料を保証会社に支払う必要があります。
相場は半月~1カ月分の家賃と管理費・共益費となります。
鍵交換費用とは 新しい鍵にするために必要なお金です。相場は1万5千円程度。
ディンプルキーと呼ばれる防犯性能が高い鍵を選ぶと2万円前後になります。
火災保険料とは 損害保険会社に支払うお金です。
火事や水漏れが起きた際、保険金が支払われます。請求額は大体1万5千~2万円程度です。
消毒料とは その名の通り、消毒液を使って室内を消毒するための費用です。
相場は1万~2万円程度。
作業自体は機械を使うため、数分から数十分ほどで終了します。
引越し関連費用とは 引越し業者への支払い費用です。
作業員へのチップ、近隣にあいさつする際に渡す品物代、不用品の処分代、引越し先への交通費なども含みます。
家具・家電購入費用とは 初めてのひとり暮らしの場合、一通りの家具・家電をそろえなくてはなりません。
最低10万円は必要になります。安く済ませたい場合は、中古品やアウトレット品を探すのがいいでしょう。
生活必需品とは 家具・家電同様、洗濯用品、バス用品、キッチン用品、洗面台周り、生活用品など、生活するのに必要最低限の品物です。
100円ショップや雑貨店などで購入できます。

引越し初期費用の相場は?

一人暮らしの引越し料金相場(時期、距離別)について

単身での引越しの場合、平均5万円程度が相場です。遠方に引っ越す場合は、10万円近くかかることもありますが、オフシーズンに近県に引っ越すだけでしたら、5万円以内には収まります。
作業の開始日や時間を調整することで、さらに安くすることもできます。
長距離の場合、近距離の2倍近くかかりますが、他者の荷物と一緒に運ぶ「混載便」を利用すれば、もっと安くなる可能性があります。

家族引越しの料金相場(時期、人数、距離別)について

ソファーやベッド、冷蔵庫や掃除機などの家電、各人の衣服や雑貨など、とにかく荷物の多さに手を焼く家族での引越し。
単身での引越しは経験がある人でも、家族での引越しとなると、どのくらいの費用がかかるのか想像がつかない人も多いのではないでしょうか。
あくまでも目安ですが、同一市内で2~4人家族が引っ越す場合、7万~10万円程度の費用がかかります。
長距離の場合、同じ条件でも、費用は14万~18万近くまでアップします。
3人家族以上の場合、距離が短くても、10万円以上の出費は覚悟した方が良さそうです。
ただし引越し費用は、同じ距離、人数、日程であっても、引越し業者によって大きく差が出ます。
そのため、引越しする際は、必ず複数社から見積もりをとり、比較した上で、最適な業者を選ぶようにしましょう。

初期費用を安く抑えるコツ

初期費用を抑えるにはまず、交渉によって減額してもらう方法があります。
初期費用のなかで交渉の対象となるのが敷金、礼金、仲介手数料です。
また交渉は苦手という方は、敷金・礼金ゼロなど、そもそも初期費用がかからない物件を探すのも手です。
UR賃貸住宅や特定優良賃貸住宅(特優賃)は礼金と仲介手数料がゼロ円のため、狙い目です。
しかし、初期費用が安価な物件の中には、家賃が高く設定されているものもあるので、トータルで安くなるか、お得かを考えてから契約するようにしましょう。
また不動産会社によっては、初期費用を分割払いで支払うこともできます。会社によって異なるので、確認しておきましょう。
ほかにも、不動産会社や不動産検索サイトが行っているキャンペーンを利用する方法もあります。物件探しの際は、キャンペーン情報もこまめにチェックするようにしましょう。

まとめ

以上、引越しの初期費用を安くするためのコツをお伝えしました。
「引越ししたいけど、先立つものがない」とお悩みの方は、上記の方法をぜひ試してみてください。
予想より安く引越しできるかもしれませんよ。
ただし新築やペット可など人気の物件の場合、交渉が難しいケースもあります。
その際は、物件自体を安いものに変更したほうがいいでしょう。
家賃そのものが安くなれば、前家賃はもちろん、敷金・礼金なども安価になることが多いです。
初期費用を安くした分、ちょっと良い家具や調度品を購入することもできるかもしれません。お得に引っ越すことで、より新生活を満喫しましょう!