理由は何? 仲介手数料無料のからくりや増加の理由について解説します。

東京の 仲介手数料が”安い” 顧客満足度が高い 「賃貸」不動産会社 10選 > 仲介手数料が無料になる理由は??

仲介手数料が無料になる理由は??

賃貸物件を探しているときに「仲介手数料無料」や「仲介手数料半額」といった表記を見かけたことはありませんか?
一般的に不動産会社に支払う仲介手数料ですが、なぜ無料や半額にできるのでしょうか?
ここでは、そのからくりや仲介手数料無料の物件が増えている理由、仲介手数料無料で契約したときどのくらい得になるかなどについて解説します。
これを読んで、あなたも1円でも安くお気に入りの部屋を借りちゃいましょう。

仲介手数料が無料になるからくりについて

そもそも仲介手数料とは、借り主が貸し主との間に立って、契約などの手続きを進めてくれた不動産会社に支払う手数料のことです。
仲介手数料の上限は、家賃1カ月分+消費税と決められています。
では、なぜ不動産会社は仲介手数料を無料にできるのでしょうか。
そのからくりについて触れていきます。
不動産会社は、仲介手数料のほかに、貸し主から広告料という名目で料金を受け取っています。
広告料は必ず支払わなくてはならないものではありませんが、支払う場合、その中から仲介手数料分を受け取ることができます。
ではなぜ貸し主は広告料を支払うのでしょうか?その理由は、早く借り主を見つけたいからです。
仲介手数料無料となれば、借り主にも魅力的に映り、営業マンも勧めやすくなります。
そのため、物件によっては、貸し主は広告料を支払ってでも仲介手数料を無料にしたいのです。
上記のような理由が、仲介手数料無料のからくりになります。

どうして仲介手数料を無料にするのか?

仲介会社が仲介手数料を無料にする理由として、インターネットの普及が挙げられます。
最近は事前にインターネットを使って、あらかじめ候補となる物件をリサーチしてから、不動産会社を訪れる人が多いです。
そのため、仲介会社の負担が減り、仲介手数料を安価にすることができます。
なかには、ウェブサイトで決めた物件の鍵を開けるだけの仲介会社もあります。
もちろん、そこの仲介手数料は無料です。
仲介会社も手間が減り、その分借り主も支払い金額を減らせるという、双方にとって喜ばしいビジネスモデルの普及が、仲介手数料無料の裏側にはあります。

仲介手数料が無料になるケースが増えています。

住宅需要が高かった時代は、ある程度の仲介手数料を請求しても、大家たちは借り主を見つけることができました。
しかし、少子高齢化の現代、年々人口は減少し、それに伴い住宅需要も減っています。供給量が需要を超えつつあるのです。その結果、大家たちはなかなか借り主が見つからない物件の敷金や礼金をゼロ円にしたり、仲介手数料を代わりに支払ったりすることで、借り主を見つけています。
たとえ不動産を所有していたとしても、入居者がいなければ、懐には1円も入ってきません。しかし、初期費用が安価でも、借り主さえ見つかれば、大家は毎月収入を得ることができます。
仲介手数料無料とそのからくりは、借り主が見つからない大家たちが新たに考え出した施策といっても過言ではないでしょう。

総括①

仲介手数料無料の物件が増えているからくりと理由は分かりましたか?
不動産会社は貸し主である大家から広告料という名目で費用を受け取っているから、借り主は仲介手数料を支払う必要がないのです。
またインターネットの普及で、広告宣伝費をかけることなく、不動産業が成り立つようになったことも影響しています。なかには「このような物件はどうですか?」といった提案をすることなく、お客様が探してきた部屋への賃貸手続きをするだけで、仲介手数料分の手間を削減している会社もあります。
仲介手数料無料というと「怪しい物件ではないか……」「儲かっていない不動産会社なのではないか」と不安に感じる人もいると思いますが、心配する必要はありません。安心して部屋を借りることができます。

仲介手数料無料はどれ位お得になるの?

仲介手数料無料で契約をした場合、どれくらいかかるか

仲介手数料の上限は、管理費・共益費を含まない、家賃1カ月分(税込み)です。
そのため、家賃が6万円の部屋を借りる場合、最大6万+消費税分を減額することができます。
引っ越しの初期費用を家賃6カ月分とした場合、総額36万円であるところが、30万円近くまで減額することができます。
ただし、仲介手数料を無料にする代わりに、家賃を高くしたり、消毒費用やクリーニング費用がかかったりする物件もあるので、よく確かめてから契約するようにしましょう。

仲介手数料がかかる契約をした場合、どれくらいかかるか

仲介手数料がかかる場合、最大家賃1カ月分の費用を請求されます。
家賃6万円の家でしたら6万円+消費税、家賃12万円の家でしたら12万円+消費税です。
引っ越し初期費用の総額を家賃6カ月分と仮定すると、家賃6万円の場合36万円、家賃12万円の場合72万円かかります。
駐車場を借りるときはその費用も加算されます。
仲介手数料は元付業者や仲介業者が介在すると、発生しやすいです。
仲介手数料を発生させたくない人は、建物の管理業務を行っている元付業者に問い合わせるか、貸し主が直接出稿している不動産サイトを利用するのがいいでしょう。

総括②

仲介手数料無料は、最大契約した部屋の家賃1カ月+消費税分お得になります。
これは契約の際、A社とB社など複数の業者が関わっていても変わりません。
最近では仲介手数料無料以外にも、敷金・礼金なしや最初の数カ月の家賃が無料になる「フリーレント」などお得なプランの物件が色々とあります。
物件を借りる際は、見た目や築年数、間取りなども重要ですが、少しでも初期費用を安くしたいという方は、このようなプランを検索してみるのもいいでしょう。

まとめ

ここまで読んで「仲介手数料無料っていいな」、と思った方もいると思います。
しかし何が何でも仲介手数料無料が良いとは限りません。仲介手数料は大家が広告料を支払ってくれることによって無料になっています。
そのため、大家が広告料を支払っていない物件は選択の対象外になってしまいます。
また仲介手数料が無料の場合、ほかより家賃が高額なケースも多いです。
とはいえ、仲介手数料無料のなかにも、家賃が良心的で好条件の物件はあります。
しかし、それを素人が探し出すのは難しいです。できれば、部屋探しのプロに依頼して、希望通りの物件を見つけましょう。